[雑記]映画を観たこと

甥っ子の誕生日プレゼントを買いにイオンへ。

その足で「モアナと伝説の海」を観に行った。

写真は先着限定のクリアファイルである。

いかにも若い女性が観てきた風に写真を加工した。理由はない。

映画館で映画を観たのは、じつに1ヶ月ぶりのことだ。

3Dアニメ映画(僕の好きなジャンル)に限ると、12月に観た

「コウノトリ大作戦」が最後なので、およそ3ヶ月ぶりとなる。

視界の全てを支配するスクリーン。左右からぶっ放される大音量……。

やっぱり、映画館で映画を観るのは良い……。

「モアナと伝説の海」は、自由を掴む勇気の大切さを教えてくれる映画だった。

子供には良い情操教育になり、大人には忘れてた感情を思い出させてくれる。

そんな映画なんじゃないかなあと、僕は観てて思った。

 

以下、ネタバレ・憶測が多いので閲覧注意です。

 

「モアナと伝説の海」は、前作「ズートピア」とは一線を画す。

…というより、「ズートピア」の方がディズニーの中では異色に当たると思う。

主観で線引きすれば、モアナの構造は「ラプンツェル」や「アナ雪」に近い。

設定や世界観は意欲的だが、全体の構造はどちらかというと王道的な、昔ながらのディズニーのミュージカルスタイルだと自分は感じた。

 

ここ数年続くヒロインの傾向と同じく、モアナも「強い女性」だが、『カッコイイ』とまで思わせてくれたのは久しぶりのことだった。

特に最後の表情。多くを語らず、顔で語る。痺れた。

 

彼女には、解決することの出来ない問題(ジレンマ)がそんなにない。

たとえばズートピアの「種族の壁」だったり、シュガー・ラッシュの「バグ」のような問題。「どうしようもない現実」の中で「生きざるを得ない」と考えて生きているように――多分意図的に――濃密には描かれていない。

 

 

最初に発覚する彼女の問題は「父親との価値観の違い」だ。

たとえば「ヒックとドラゴン」では三幕を通して「父親との価値観の違い」が段階的に描かれて収束していくが、モアナの場合はすぐに問題が収束してしまう。主要な描写は5分程度だったと言っていいかもしれない。親子問題の殆どは、ミュージカルパートの中で状況説明が完結している。

一幕の終わりぐらいで、モアナは父親の反対を押し切り強引に海へと出てしまう。この時点で「親子の対立」の問題は終結する。映画は序盤でこの問題に答えを出したのだ。

「自分の考えを信じて、通すしかない」と。

 

その後も第二・第三と、目標を達成できないジレンマが発生するが彼女は問題と対峙し、道を阻まれても「諦める」ほどには絶望しない。

挫けそうになるところは1シーンあったが、そのシーンでも過去作品に比べればあっさりと問題を受け止め、乗り越える。

 

このジレンマの薄さは何なのか、と考えると作り手が「モアナを神格化(英雄化)したかったのではないか」と思える。

完全無欠の女性であるように、あえて持っていっている感じがするのだ。

 

何故、作り手は彼女自身を神格化(英雄化)したかったのかと考えるとこの映画が訴えたいテーマに繋がってくるのではないだろうか。

 

自由を掴む勇気

 

自由とは、必ずしも素晴らしい結果をもたらすものとは限らない。

更に、自由と引き換えに失うものが結構あることも覚悟せねばならない。

 

バイトにたとえると分かりやすいかもしれない。

バイトを辞めたら自由だけど、失うものが結構ある。

収入、仲間、(辞め方によっては)人としての信用、等々…結構ある。

 

失うものが結構あるから、悩む。

それらを捨ててでも掴み取る価値が、その自由にはあるのかと悩む。

 

皆さんは今あるしがらみを全部捨てて、自由になりたいと思いますか。

僕は自由になりたくないと思ってます。

 

今僕の周りにある「しがらみともなるもの」を僕は気に入ってて、他人から見たら窮屈に見えることもあるかもだけど、少なくとも僕は、僕なりに幸せを感じてて。

だから自由にはなりたくない。むしろ現状のしがらみを維持出来るならしたい。

 

こんな僕のようなのは、きっと偉大じゃないんだと思う。

…ここでふと、ミスチルのHEROって曲の歌詞を思い出す。

 

たとえば誰か一人の命と引き換えに世界を救えるとして

僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ

 

僕も、誰かが名乗り出るのを待ってるタイプの人間だろう。

モアナは世界(村)を救おうと名乗り出た女性だった。(ようやく本題に戻った)

 

 

自由を掴み取ることは、勇気がいることだ。

自由を掴む勇気を持つことは、強くなければ出来ない。

それが出来る類稀な人間は、偉大な英雄と評されて然るべきなのかもしれない。

 

・・・

 

自由を掴み取り村を救ったモアナは、物語を通して英雄となった。

だからこそラストシーンの表情に、自分は安心感に似た感情を得たのだと思う。

エンディングを迎えた後にも続く村の歴史は、これからもこの偉大な英雄によって守られていくに違いない。そんな予感めいたものを覚える、素敵な幕引きだった。

 

「人間らしさに欠ける」と感じる人もいるかもしれない(その意見も分かる)

しかし全体の想い(自由を掴む勇気の偉大さ、素晴らしさ)を伝えるために、主人公に籠めた作り手の狙いだったのかも……なんて邪推してみると、なんだか神話的でこれもいいなぁと思えてくる。

 

総じて、モアナは自由を掴む勇気の物語だなぁ、と思う。

そういう意味で、今回は冒頭の短編フィルムと本編のテーマがリンクしていたようにも感じられた。

 

完全無欠の英雄モアナ。かっこよかった~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です