【ネタバレ注意】あれからの瑠衣/月次報告(4月)

本題に入る前に、WEB拍手コメントへのお返事を書かせて頂きます。

TKさんへ
>Lv2完成心待ちにしております。

こんばんわ。メッセージどうもありがとうございました。
Lv.2をご期待に添える作品と出来るように、一日一日を大切に、日々制作に関する努力を続けて参りたいと思います。

 

 

(以下、ネタバレ注意)

 

 

 

 

 

 

 

 


トトの≪選択≫をもって、消滅する運命にあった零次の前に立ちはだかった瑠衣。
その体には“過去の傷跡”が残ってはいるものの、彼女の瞳には確かな輝きが灯っていたのでした……。というのが、Lv.1の最後に描かれた瑠衣の姿です。

 

◇◆◇◆◇◆

 

今月の月次報告は「あれからの瑠衣」と題しまして、スクリーンショットにコメントを添えた『Lv.2の瑠衣の様子』を少しだけお見せすることが出来ればと思っています。

ただし画面は開発中のもので、今後の調整で内容が大きく変わってくる可能性があることを、予めご了承頂けましたら幸いでございます。発想を変えてみると、「本編では描かれなかったシーンが見られる機会」という見方が出来るかもしれませんが(苦笑)ともかく、続きをご期待いただいている方々に向けてお届けできる多少なりの『Lv.2情報』となれば本望でございます。

 

零次と瑠衣は、トト達と合流するために再び「葦野里古墳」へと赴きます。
これは古墳に向かう道中での一幕です。

ワンダーランドに存在する大学助教・竹井瑠衣の姿は、言わば竹井塔人の「理想的な姉」の姿なのでしょう。奇抜なところがあるものの理知的で、面倒見の良さを垣間見せる彼女は、『現実世界の自分』とのギャップにひどく悩まされることになります。

しかし彼女は、多大な罪悪感を抱え込みながらも常に『今、自分がすべきこと』を冷静に考えながら行動しています。零次の動向を支えることで、自らの葛藤の答えも見つかるかもしれない……。そう考えて、零次と行動を共にしているようです。

 

トトとの接触。
瑠衣・トト両者の肉体に残る『事実』は消えておりません。

瑠衣の言葉は、彼女なりの“誓いの言葉”ではあるものの、エバンナが警戒するのも無理はありません。これから三者の関係はどう変化していくのか。そして奇しくも“性”に触れたトトは、Lv.2という物語と通じてどこまで≪人間≫として成長していくのでしょうか。

 

 

塔人との接触。
現実世界において、瑠衣は塔人の手によって殺害されました。ワンダーランドで再会を果たした瑠衣の心境は複雑なものです。

しかし二人が再会を果たす場所は大学構内。
「誰が再会を望んで“ここ”を訪れたのか」と考えると……。

 


以上、「あれからの瑠衣」のコーナーでした。
僕個人の印象としては、瑠衣の中にある「善と悪との葛藤」を描くのが難しいなあと思いながらシナリオを書いてます。

誰しも心には善と悪があるものですが、彼女はそのギャップが「まるで別人」とも言えるぐらいに激しいのです。この葛藤をどう乗り越えて、彼女はどんな『自分』へと辿り着くのか……。
それはLv.2という物語の上を歩く竹井瑠衣を描くに当たっての、ひとつのテーマとも言えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です